交通事故の原因

交通事故の原因のTOP3は、安全不確認、脇見運転、うっかりしていたという結果になっています。
いつもと同じ道だから、と周囲に気配りをすることなく運転していると、不意の事態に対応出来ず、事故が起こってしまいます。
運転免許を取るときに、教習所の教官から、『運転においては、賢者になりなさい』と言われた方もいらっしゃるでしょう。
この言葉が意味するのは、一旦車に乗って運転すると、自分がいくら気を付けていてももらい事故が起こる可能性がありますし、交通ルールを守らない車や自転車の存在もあります。
それでも自分が常に周囲に気を配り、速度に気を付けて運転することでその可能性を低くできるということです。

相手が交通ルールを守っておらず事故に遭った場合、責任の負担は相手が多くなりますが、怪我をしたり自動車や自転車に損害を被ったり、事故後の処理のわずらわしさが生じるなど、たとえ自分の責任の負担がゼロであったとしても普段の生活とは違ったストレスを受けることになります。
それを避けるためには自分が常に、自動車や自転車に乗るときは『賢者』でいることが必要になります。
こういった考え方を持つ人が一人でも増えていけば、交通事故は起こらなくなっていきます。

交通事故が発生する原因は、車が増えたことや自転車の利用者が増えたことの他に、運転者や利用者の安全への意識が高くないことも大きく関わっています。
自転車に乗っていても加害者になる可能性もあります。
歩行者と自転車が衝突して歩行者が亡くなった事故も少なくありません。
今回は、交通事故が起きやすい原因や事故を避ける方法について紹介します。

Copyright © 2014 交通事故が起きやすい要因 All Rights Reserved.